2015年05月22日

アルツハイマー型認知症 「メタボ」が発症・進行のリスク

アルツハイマー型認知症 「メタボ」が発症・進行のリスク
http://www.sankei.com/life/news/150414/lif1504140006-n1.html
2015.4.14 09:30
 ■生活習慣の改善で予防

 記憶や思考能力が徐々に失われるアルツハイマー型認知症。その発症や進行には、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が大きなリスクになっていることが、疫学研究などで明らかになりつつある。メタボが原因で神経の保護作用が弱まったり、高血圧を引き起こしたりして、脳細胞を認知症になりやすい状態にしているとみられる。決定的な治療法のないアルツハイマー型認知症。メタボの解消が予防に役立ちそうだ。(坂口至徳)

                   


 ◆悪玉の生理活性物質

 関西在住の82歳のA子さんは、5年前から物忘れがひどくなり、奈良県立医科大神経内科学の上野聡教授の診察を受けた。その結果、季節に合わせた衣服が選べないなどの中等度のアルツハイマー型認知症と診断された。

 ふだんは活発に動いているが、腹囲が97センチ、内臓脂肪の面積が118平方センチもあり、内臓脂肪の異常蓄積を示す「腹囲90センチ以上、内臓脂肪の面積100平方センチ以上」(女性の場合)を満たし、血圧なども高く、明らかにメタボ。このため、高血圧や高血糖の治療や食生活の改善指導などをして、経過を観察している。

 上野教授は「超高齢化や食生活の変化などでアルツハイマー型認知症の患者がメタボを合併するケースが増えている」と話す。上野教授らは、神経内科を受診するアルツハイマー型認知症の患者78人を対象に、メタボの原因になる内臓脂肪の蓄積の度合いなどを調べた。すると、アルツハイマー型認知症の患者で内臓脂肪面積が基準を超えている人は約60%に達していた。

 アルツハイマー型認知症とメタボの関係は近年、動物実験などで明らかになっている。蓄積した内臓脂肪から悪玉の生理活性物質が分泌され、これが脳の神経細胞を破壊する物質「アミロイドβ」を凝集させるとみられる。また、血糖値を下げる作用のあるインスリンには、アミロイドβを分解して神経を保護する作用もあるが、メタボの状態ではその機能が低下し、脳神経の変化が進行してしまうという。

 ◆80%が高血圧

 上野教授らの研究では、アルツハイマー型認知症でメタボの患者は、年1回の簡易知能検査の結果、認知機能低下の進行が速いことも明らかになった。さらに、アルツハイマー型認知症でメタボの患者のうち、認知機能に悪影響を与える高血圧の症状を示しているのは約80%。また、インスリンが効きにくくなる状態にもなっていた。

 認知症には、アルツハイマー型以外に、血管が破れたり、詰まったりする脳卒中により神経細胞が壊れる「血管性認知症」も知られている。これはメタボなどが原因の動脈硬化と関係している。上野教授は「両タイプの認知症には共通の危険因子としてメタボがあり、若年期からのメタボの積極的な管理、予防が、認知症予防に極めて有効」と話す。そのために、食生活や運動、禁煙など日常の生活習慣を改善することが大切だ。

 ■認知機能の低下速まる

 アルツハイマー型認知症患者に、簡易知能検査(長谷川式)を年に1回行い、その年変化を比較した。すると、内臓脂肪の蓄積面積が100平方センチ以上ある患者36人の平均点は、2.4〜2.6点下がっていた。一方、100平方センチ未満の患者26人の平均点は1.4〜1.6点下がっていた。メタボの患者のほうが認知機能低下の進行が速いことが明らかになった。


posted by 万福ダイエット at 11:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

肥満は感染症の危険因子 免疫機能低下でインフル悪化、肺炎など重篤症状も

肥満は感染症の危険因子 免疫機能低下でインフル悪化、肺炎など重篤症状も
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/150510/ecb1505101707002-n1.htm

2015.5.10 17:07

 ■【STOP!メタボリックシンドローム】

 生活習慣病のリスクを高める肥満やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が、感染症発症の危険因子でもあることがさまざまな研究で明らかになりつつある。肥満が免疫機能を変化させることが原因とみられる。肺炎などの重篤な症状を引き起こすこともあるといい、専門家は「肥満はさまざまな病気のリスク要因であることを改めて認識してほしい」と呼び掛けている。(大家俊夫)

 ぜんそくの原因に

 日本女子大の佐藤和人学長(家政学部食物学科教授)らのグループは15年前から肥満と免疫に関する研究を続けてきた。同大大学院で三戸夏子氏(現横浜国大准教授)らが、高脂肪食を与え高度の肥満状態にしたマウスと普通食を与えたマウスの比較実験を行ったところ、前者の免疫機能が後者に比べて多様に変化していることが分かった。

 同実験を指導した佐藤学長は「肥満によって免疫機能の調節をするサイトカインという生理活性物質のバランスが崩れ、免疫機能に変調を来した」と分析する。

 免疫機能の変調は、さまざまな病気につながる恐れがある。例えば、免疫機能が低下し過ぎると肺炎などの感染症を引き起こし、過剰になるとアレルギーの原因になる。特に小児のぜんそくの危険因子になることが指摘されている。

術後の炎症悪化

 最近の国内外の論文で、肥満がさまざまな感染症発症のリスク要因になる他、炎症を悪化させたり、がんの原因になったりしていることが報告されている。

 2009(平成21)年に世界的に大流行した新型インフルエンザでは、死亡者や重症者に占める肥満の人の割合が高かったとする論文が昨年、発表された。肥満による免疫機能の低下が原因でインフルエンザに対する防御力が落ちたことが考えられるという。

 また、別の論文では、内臓脂肪蓄積型の肥満の人が大腸がんの術後、肺炎になったり、傷が化膿(かのう)しやすくなったりすることが報告されている。人工関節を入れる手術の後、関節に炎症が起きやすくなることも分かった。

 内臓脂肪蓄積型の肥満の人は、脂肪細胞が肥大化して脂肪組織内で炎症を起こし、感染症を悪化させる可能性があるという。

 海外の研究では、がんを引き起こすリスク要因となっていることも指摘されている。

 佐藤学長は「内臓脂肪蓄積型の肥満は認識不足のため放置されていることも多い。正常な免疫機能を維持するためには食事療法と運動療法による肥満の予防と改善が一番」と指摘。「高度の肥満になった人は専門医に相談するといい」と助言している。

 ■肺炎が再び増加、死因3位に

 感染症のリスクで怖いのは、子供や高齢者で重症化の恐れがある肺炎だ。抗菌薬の進歩と公衆衛生の向上により、日本では制圧されたと思われていた。しかし、近年は再び増加傾向にある。平成23年の人口動態統計によると、日本人の死因で肺炎は、がん、心疾患に次ぎ、脳血管疾患を抜いて第3位に浮上。25年も同じ順位だった。

 高齢化の進展により誤嚥(ごえん)性肺炎などが増えていることが主な原因だが、肥満の人の増加も一因とみられている。




posted by 万福ダイエット at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 肥満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

コレステロール:「気にせず食べて」動脈硬化学会が声明

コレステロール:「気にせず食べて」動脈硬化学会が声明
毎日新聞 2015年05月02日 07時00分(最終更新 05月02日 08時56分)
http://mainichi.jp/select/news/20150502k0000m040167000c.html

 取りすぎると動脈硬化などを招くとして悪者扱いされてきたコレステロールについて、日本動脈硬化学会(佐藤靖史理事長)は1日、「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」との声明を発表した。厚生労働省も今年、5年ぶりに改定された「食事摂取基準」で、コレステロールの基準を撤廃しており、これを容認した形だ。動脈硬化予防には食事だけでなく、生活習慣や運動など包括的な対策が大切だとしている。

 コレステロールは脂質の一種で、食べ物からのほか肝臓でも作られる。動脈硬化学会は血中の「悪玉」のコレステロールが高いと心筋梗塞(こうそく)を起こしやすいとして警告する一方、日本脂質栄養学会は「数値が高い人はむしろ長生き」と主張し、論争が続いていた。

 厚労省はこれまで、18歳以上の男性は1日当たり750ミリグラム未満、女性は600ミリグラム未満の摂取基準値を設けていた。しかし5年おきに改定する「食事摂取基準」の2015年版で、科学的根拠が得られなかったとして基準を撤廃。卵の摂取量と心筋梗塞の発症リスクとの関連を調べた日本人約10万人の研究で「関連なし」との結果が出たことなどを例示し「食事からのコレステロールは一部に過ぎず、食事から多く取れば、体内で作る量を減らすなどの調整する仕組みがある」と解説した。

 米農務省も「コレステロールは過剰摂取を懸念すべき栄養素ではない」として、摂取量を1日300ミリグラム未満に抑えていた食事指針を今年見直す方向だ。

 こうした中、動脈硬化学会は1日の声明で「食べるのを制限しても血中の値が低下する人と、しにくい人がいて、個人差が大きい」と基準の撤廃に賛同した。悪玉コレステロールの値が高い人はコレステロールの摂取制限が推奨されるとする一方、食事や運動、生活習慣を全体的に改善することが必要とした。食事についても脂質だけを減らすのではなく「食物繊維を多く含む大豆製品や海藻、野菜類を増やすことが大切」と訴えた。

 生活習慣病に詳しいたちかわ総合健診センター(新潟県長岡市)の小田栄司センター長は「BMI(体格指数)が30を超える肥満の人は食事制限が心臓病予防に効果的だが、悪玉コレステロールが高くない人は、食事よりも運動の方が効果がある。指針などで一律に定めるのではなく、個々の状態に応じて考えることが大切だ」と話している。【下桐実雅子、永山悦子】




posted by 万福ダイエット at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コレステロール値:食事では変わらず 厚労省見解、学会が容認 動脈硬化予防、運動など包括的に

コレステロール値:食事では変わらず 厚労省見解、学会が容認 動脈硬化予防、運動など包括的に
http://mainichi.jp/shimen/news/20150502ddm041100081000c.html

毎日新聞 2015年05月02日 東京朝刊
 取りすぎると動脈硬化などを招くとして悪者扱いされてきたコレステロールについて、日本動脈硬化学会(佐藤靖史理事長)は1日、「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」との声明を発表した。厚生労働省も今年、5年ぶりに改定された「食事摂取基準」で、コレステロールの基準を撤廃しており、これを容認した形だ。動脈硬化予防には生活習慣や運動など包括的な対策が大切だとしている。

 コレステロールは脂質の一種で、食べ物からのほか肝臓でも作られる。動脈硬化学会は血中の「悪玉」のコレステロールが高いと心筋梗塞(こうそく)を起こしやすいとして警告する一方、日本脂質栄養学会は「数値が高い人はむしろ長生き」と主張し、論争が続いていた。

 厚労省はこれまで、18歳以上の男性は1日当たり750ミリグラム未満、女性は600ミリグラム未満の摂取基準値を設けていた。しかし5年おきに改定する「食事摂取基準」の2015年版で、科学的根拠が得られなかったとして基準を撤廃。「食事からのコレステロールは一部に過ぎず、食事から多く取れば、体内で作る量を減らすなどの調整する仕組みがある」と解説した。

 米農務省も「コレステロールは過剰摂取を懸念すべき栄養素ではない」として、摂取量を1日300ミリグラム未満に抑えていた食事指針を今年見直す方向だ。

 こうした中、動脈硬化学会は1日の声明で「食べるのを制限しても血中の値が低下する人と、しにくい人がいて、個人差が大きい」と基準の撤廃に賛同した。悪玉コレステロールの値が高い人はコレステロールの摂取制限が推奨されるとする一方、食事や運動、生活習慣を全体的に改善することが必要とした。

 生活習慣病に詳しいたちかわ総合健診センター(新潟県長岡市)の小田栄司センター長は「BMI(体格指数)が30を超える肥満の人は食事制限が心臓病予防に効果的だが、悪玉コレステロールが高くない人は、食事よりも運動の方が効果がある。指針などで一律に定めるのではなく、個々の状態に応じて考えることが大切だ」と話している。【下桐実雅子、永山悦子】



posted by 万福ダイエット at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

一番長生きする体型は、ちょいデブ

一番長生きする体型は、ちょいデブ
http://getnews.jp/archives/928719
飽食の時代ゆえなのか、右を向いても左を向いてもダイエットに余念がない人たちばかり。たしかに太っているよりスマートな方が見栄えがいいし、何より生活習慣病などのリスクを考えると、肥満は解消するに越したことはないだろう。

ただでさえ、運動不足になりがちな昨今。健康に長生きするためにも、いまからしっかりダイエットに取り組むべきなのかも…。

「太りすぎな人が早死にしやすいのは事実ですが、だからといってむやみにダイエットをするのは逆効果かもしれません。痩せすぎな人もまた、早死にする傾向があるというデータが存在していますから。統計的に見れば、最も長生きできるのは“ちょいデブ”な人ですよ」

そう語るのは、医学博士の浦島充佳先生である。浦島先生によれば、過剰なダイエットによって痩せすぎると、免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなるリスクがあるという。

「19〜84歳の男女約146万人のBMI値と死亡率をまとめたデータによると、女性はBMI23〜24、男性はBMI25〜26が最も死亡率が低いことが明らかになっています。BMIの標準値は18.5以上、25.0未満とされていますから、これに照らし合わせると男女とも標準のやや上、つまり“ちょいデブ”が長生きするといえるわけです」

BMIとは「体重(kg)÷身長(m)の2乗」で算出される、肥満度をはかる体格指数のこと。ただし、同じ体重であっても筋肉質な人もいればそうでない人もいる。「デブだけど、BMI値からすれば安心」などと考えるのは早計だ。

「“ちょいデブ”がいいといっても、あくまで血圧や血糖値、コレステロール値などに問題がないことが大前提。さらに目安としては、腹囲がヒップより細いことが条件ですね。とくにヒップはなかなか測定する機会がないと思いますから、気になる人はぜひメジャーで測り、腹囲と比較してみてください」

そうした条件さえクリアしていれば、あまり躍起になって痩せようと頑張る必要はないのかも!?
(友清 哲)
(R25編集部)

一番長生きする体型は、ちょいデブはコチラ

posted by 万福ダイエット at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 万福ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。