2015年04月24日

素食は逆効果!? 穀物・野菜中心の食生活が「脳卒中リスクを高める」と判明

素食は逆効果!? 穀物・野菜中心の食生活が「脳卒中リスクを高める」と判明
http://news.mynavi.jp/news/2015/04/20/246/

ダイエットや健康を意識して、素食を心掛けている女性もいるでしょう。

素食とは質素な食事のことで、肉類を加えない穀物や野菜だけの食事ですが、実は素食が思ったほど体に良くはなく、逆に脳卒中のリスクを高め、寿命を縮める恐れがあるとしたらどうでしょう?

そこで今回は、農畜産業振興機構の『栄養教諭のための食肉の知識』というパンフレットを参考に、素食による健康への影響をまとめます。

■素食は感染症や脳卒中を引き起こす!?

日本の食事が海外で見直されているという話、かなり前から聞きますよね? そうしたニュースを聞くと、日本の質素な食のスタイルが優れているのだと、必要以上にシンプルな食事を心掛けてしまいがち。

しかし、実は肉類を控え穀物や野菜を中心にする素食は、場合によっては脳卒中のリスクを高めたり、骨を弱くしたり、寿命を縮めたりする恐れがあるとご存じでしたか?

例えば大正7年の平均的な経済レベルにある農家の食卓は、漬物やみそ汁に穀物がメインで、動物性食品がほとんどなかったといいます。今でいう素食ですね。しかし、この時期の日本人には、栄養不足により抵抗力が備わっていなかったために、感染症がまん延していたといいます。

昭和30年になると、日本人の食べる肉類の量は平均して1日12gになったそうですが、平成25年の100g前後の摂取量と比べると、まだかなりの差があります。昭和30年の食事も、今でいう素食に近いイメージ。ただ、当時は動物性のたんぱく質と脂肪の量が極端に不足していて、コレステロール不足が招く脳卒中の死亡者が後を絶たなかったとか。

昭和30年代当時の日本人は“素食”にもかかわらず、平均寿命は男女ともに60代半ばです。もちろん医療レベルの差なども考えなければいけませんが、肉類を食べない“昔ながら”の質素な食事が、必ずしも健康にいいとは限らないのですね。

■肉類の摂取が平均寿命を伸ばし、体格を大きくさせていった

一方で戦後に動物性の食品摂取が増えていくと、日本人の体格はどんどん大きくなっていきました。

例えば骨の成分はカルシウムですが、骨の土台は繊維状のたんぱく質からできています。そのたんぱく質にカルシウムが絡まって骨になりますが、そのたんぱく質の摂取が増えたために骨が強く大きくなっていったのですね。

また、動物性食品の摂取量の増大とともに、平均寿命が右肩上がりに伸びていったとも明らかになっています。要するに、戦前のような“素食”が体にいいというイメージは誤解で、肉類をしっかりと含んだバランスの良い食事こそが本当の意味で体にいいのですね。

桜美林大学大学院教授らが行った調査でも、食肉類、野菜、果物を積極的にバランス良く食べている人の方が、生活満足度は高く、うつも少ないと分かったとか。何となくのイメージやダイエット、健康を意識して素食を意識しても、あまり意味がないのかもしれません……。

以上、穀物や野菜を中心とした素食が実は、健康にいいとは限らないという話をしましたが、いかがでしたか? 

厚生労働省が食事バランスガイドを配布しています。バランスの良い食事の考え方を分かりやすく説明してくれているので、参考にしてみるといいかもしれませんね。




posted by 万福ダイエット at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

脳卒中後のおいしいリハビリごはん―自宅でできる食事プラン (100日レシピシリーズ) [単行本]

脳卒中後のおいしいリハビリごはん―自宅でできる食事プラン (100日レシピシリーズ) [単行本]



輝生会 (著)
脳卒中後のリハビリに、自宅でできる食事プランを紹介。「おいしい」と評判のリハビリ病院の食事メニューを初公開。献立には「普通食」→「やわらか食」の展開例を掲載、患者が料理を通してリハビリする方法も収録。
posted by 万福ダイエット at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

脳卒中を予防するために 脳卒中を予防するために

脳卒中を予防するために
http://www.shimahp.pref.mie.jp/kamoku_nousinkeika_2-3.html

■脳卒中の予防には食事療法も重要です。

体内の血液の循環を良好に保つには、低塩と低カロリーのほか、動物性の脂肪のとり過ぎに注意を払うことが大切です。
★脂質  


◎植物性脂肪は多く、動物性は少なく
脂肪量全体を取り過ぎないように注意することが大切ですが、その内訳も肉やバターなどの動物性脂肪量1に対して、植物性脂肪量を1.5〜2.0にするよう心がけましょう。

◎エイコサペンタエン酸(EPA)を多く含む食品は積極的に
イワシやサンマなどの魚の脂肪は動物性ですが、EPAを多く含み、動脈硬化などを防ぎます。

◎イカ、タコ、エビ、貝類も大丈夫
コレステロールを下げるカウリンやEPAが含まれています。

◎卵は必ずしも悪くない
卵黄はコレステロールが多いことは事実ですが、体内でコレステロールを抑制するレシチンが含まれているので、一個程度なら大丈夫。

◎植物性脂肪はお薦めです
不飽和脂肪酸の多いサラダ油や種子類(ゴマなど)、大豆製品もコレステロールを下げる働きがあります。


★食物繊維

食物繊維は、五大栄養素(タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラル)に続く第六の栄養源とされており、胃腸を掃除し、便秘を予防する作用のほか、LDLコレステロール(悪玉)を低下させ、HDL  コレステロール(善玉)を増加させる働きが知られています。


【食物繊維の多い食品】

葉のついた野菜、キノコ類、海草類、豆類、イモ類、乾物(ひじき、切り干し大根、かんぴょう)

★カリウム

降圧作用、脂質代謝改善作用を持っています
●野菜、イモ類はカリウムを多く含みます。
●果物、海草類もカリウムの含有量は多いのですが、一回に食べる量や果物は糖分が多いことを考慮し、イモ類や野菜類でカリウムを補うことを考えましょう。
ジャガイモ1個 450g  かぼちゃ4cm角2切れ  200g
きゅうり1本  200g  リンゴ1個       200g  
みかん1個   110g

食事の基本は、できるだけ多くの食品(1日30品目を目標)をバランスよく食べることです。色どりや品数をふやして「きれいな食卓」を考えると、結果として身体によい食品をバランスよく食べることができます。しかし身体に良いからといって、食べ過ぎは決して良いことでは有りません、あくまでもバランスよく食べることが重要です。

文責:脳神経外科

---------------------------------------------------------------

三重県立志摩病院
〒517-0595 三重県志摩市阿児町鵜方1257番地
電話: 0599-43-0501(代表) Fax: 0599-43-2507
E-Mail shos@pref.mie.jp

http://www.shimahp.pref.mie.jp/kamoku_nousinkeika_2-3.html

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の本棚 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・


posted by 万福ダイエット at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

脳卒中について 秋田県

脳卒中について
http://www.pref.akita.jp/eisei/seikatu/manu03.html

@脳卒中とは
 脳の血管障害が原因で突然の意識障害、運動麻痺、言語障害などをきたす状態をいいます。脳卒中には、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があります。本県の場合、再発を含めて年間3000人程度が発症しています。
 
A秋田県は脳卒中の死亡率の高さが全国一
 秋田県は人口10万人当たりの脳卒中死亡率が平成8年以降、全国1位となっています。ちなみに、平成11年の脳卒中死亡率(人口10万人対)は、182.2と全国平均の110.8を大きく上回っています。(平成11年厚生省人口動態統計)

B脳卒中は、寝たきりになる最大の原因
 運動まひなどの後遺症を残す場合が多く、日常生活に支障をきたし、寝たきりの最大の原因となっています。

C 脳卒中の危険因子は、高血圧、高・低コレステロール血症、糖尿病、喫煙、多量飲酒
 脳卒中は、運動不足、肥満、食事、喫煙、飲酒などの生活習慣を改善することで発症の予防が可能です。

糖尿病、脳卒中、虚血性心疾患関連の情報は、以下のホームページから入手できます。

http://www.med.or.jp/health/healthf.html(日本医師会 知って得する病気の知識) 

http://www.jadce.or.jp/(日本糖尿病協会)

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pub_info.html(国立循環器病センター循環器病情報サービス)

http://www.japha.or.jp/(日本臨床内科医会 わかりやすい病気の話)

http://www.dm-net.co.jp(糖尿病ネットワーク)

http://www.patos.one.ne.jp/public/jsa(日本脳卒中協会)

http://www.akita.med.or.jp(秋田県医師会)

http://www.akita-noken.go.jp(秋田県脳血管研究センター)

http://www.health-net.or.jp(健康・体力事業団 健康ネット)

秋田県健康福祉部健康対策課
〒010-8570 秋田県秋田市山王4丁目1-1 TEL:018-860-1421〜1429 Email:health@mail2.pref.akita.jp
ご意見・ご感想がございましたら、健康福祉部健康対策課までお寄せ下さい。

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の本棚 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・



posted by 万福ダイエット at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

脳卒中予防の食事

脳卒中
佐久市
http://www.city.saku.nagano.jp/kenko_kaigo/recipe/seikatsu_syukan/nousotyu.htm

脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破れたりして起こる病気をいいます。血管がそうした損傷を受けた結果、突然の意識障害、手足の麻痺などが、単独あるいは組み合わせて起きるのがこの病気の特徴です。

心がけましょう。脳卒中予防のよい食習慣。

●塩分を減らそう
1日10g以下を目標に。
脳卒中の一番の危険因子である高血圧を予防するポイントになります。
高血圧がある場合は7〜8gに抑えます。

●動物性脂肪を少なめに
牛肉や豚肉などの動物性脂肪、コレステロールの多い卵などを減らしましょう。かわりにイワシ、サバ、マグロなど、血中コレステロールを低下させる脂肪を含む魚を食べるようにしましょう。
料理には、バター、ラードなどの動物性食品をひかえ、植物性の油を使うようにしましょう。

●摂取エネルギーを減らす
エネルギーの摂りすぎは肥満や糖尿病を招き、それは脳卒中の危険因子である動脈硬化の発症に関連すると考えられています。

●血管を丈夫にする
栄養バランスを考え、偏りのない食生活を心がけましょう。とくに、血管を上部にする良質のたんぱく質は、欠かさずとるようにしましょう。
 
バランスよく食べる
 肉や魚、大豆製品などのたんぱく質や、野菜、海草が不足すると、脳卒中がおこりやすくなるといわれています。これは、これらが不足すると栄養状態が悪くなって、血管が破れたり、出血しやすくなったりするためと言われています。又、食べ過ぎは血管が詰まって血液の流れをストップさせてしまうこともあります。そのためにも、バランスよく食べることが大切なのです。

 塩分を控え、動脈硬化や血栓の予防効果のある青魚(いわし、さば、さんま)や海草類、又野菜や果物などを積極的に食事に取り入れることが大切です。

http://www.city.saku.nagano.jp/kenko_kaigo/recipe/seikatsu_syukan/nousotyu.htm

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
切明義孝の公衆衛生情報 公衆衛生ネットワーク 切明義孝の健康日記 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝ブログ 切明義孝の本棚 おすすめ医学書 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の新型インフルエンザ情報 切明義孝の事業継続計画BCP 切明義孝のお勧め書庫 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・


posted by 万福ダイエット at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。