2009年01月26日

高齢者向け体の調子に合わせた食事|食欲がないとき

食欲がない時 
板橋区
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/005/005090.html

高齢期の食欲不振には身体的要因と精神的要因があります。
低栄養を招く恐れがあるので注意しましょう。

身体的要因
1 日常の身体活動が低下する。
2 味覚の減退
 舌で味を感じる味蕾という細胞が減少するため、味覚、特に塩味・甘味の感覚が」鈍くなる。
3 疾病と薬剤の影響
 高齢者の多くは何らかの疾病を抱え、治療薬を常用していることが多く、その副作用により食欲が低下する。また、治療の一環として薄味の食事を食べている方も少なくない。
4 咀嚼力の低下
 歯の欠損や義歯の不適合により、食物を噛み切る・噛み砕く能力が低下するために食欲刺激が減退する。
5 消化機能の低下
 唾液・消化液の分泌量が低下するため、消化に時間がかかり、胃もたれや腹が張ったりする。
6 大腸の動き(蠕動運動)の低下
 便秘になりやすく腹部の張りやむかつきがある。

精神的要因
 自らの老化、配偶者や知人との死別、家庭での役割や地位の低下などからくる不安・孤独感・疎外感などによるストレス。脳の視床下部感情に関係が深く、精神的なストレスにより空腹なのに空腹を感じない。

食欲増進の工夫
1 食事時間は規則正しく
 おやつとの間隔は2時間以上とりたいものです。まれに間食のとりすぎで空腹感のない方もいます。
2 季節や彩りを考えて
 季節の食材は食卓での楽しい話題作りに。
 料理の彩りで視覚を刺激、食べる意欲も高まります
3 香辛料・香味野菜の活用
 からし・わさび・カレー粉・しそ・しょうがをいつもの食事にプラスして
4 クエン酸の活用
 レモン・ゆず・梅干や酢は唾液や消化液の分泌を促します。
 酢はそのままだとむせることがあるので、だしで薄めて。
5 味付けにアクセントを
 減塩を必要とする場合は一品は好みのしっかり味に
6 食べるときの温度に配慮を
 夏場には冷たいものが、冬場には温かいものが食欲をそそります。
7 食べやすさへの配慮を
 食べやすく、軟らかく調理して、咀嚼力の低下や消化を助けましょう。

★どうしても食が進まないときはアイスクリームなど、おやつも一考
★食事のポイントあっさりしたものと、かゆやスープ類に頼りすぎると低栄養になりやすいので注意

資料提供:特別養護老人ホーム みどりの苑
作成部署〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
健康生きがい部 健康推進課
電話番号:03-3579-2302
FAX番号:03-3962-7834
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/005/005090.html

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
切明義孝の公衆衛生情報 公衆衛生ネットワーク 健康日記 
新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 公衆衛生ブログ おすすめ本棚 おすすめ医学書 
公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト  万福ダイエット 
禁煙情報 新型インフルエンザ情報 お勧め書庫
公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

posted by 万福ダイエット at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食欲がないとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。