2015年10月27日

ソーセージなどの加工肉に発がん性、国連機関が発表

ソーセージなどの加工肉に発がん性、国連機関が発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000017-jij_afp-int
AFP=時事 10月27日(火)11時42分配信

【AFP=時事】国連(UN)の国際がん研究機関(IARC)は26日、ソーセージやハムなどの加工肉が大腸がんの原因となると結論付けた調査結果を発表した。IARCは赤身の肉も「おそらく」がんを引き起こすとしており、急成長を続ける家畜業界に打撃を与える可能性がある。

赤肉食べると若死にするリスク高まる、米研究

 国際がん研究機関は、世界中の800件の研究を精査した結果、「人体において、加工肉の摂取が大腸がんを引き起こすことを示す十分な証拠」が得られたとした上で、この調査結果は加工肉を主とした「肉の摂取量制限の推奨」を裏付けるものだとしている。

 加工肉には、塩漬け肉、発酵肉、燻製肉などが含まれ、例えば、ソーセージ、コーンビーフ、ビーフジャーキーなどの切り干し肉、缶詰肉、肉をベースにしたソースなどが相当する。

 IARCによれば、毎日50グラムの肉を食べると、大腸がんの発症率は18%高くなる。IARCは、加工肉の摂取による大腸がんの発症リスクは統計学上低いものの、「肉の摂取量に従って増大する」と指摘している。

 加工していない赤身肉(牛肉、豚肉、羊肉、馬肉、ヤギ肉など)の場合は、大腸がんの発症リスクを示す「強い」証拠があるが、既に確認されている発がん性物質(たばこの煙やアスベスト、そして今回加えられた加工肉など)ほどの確証性はないとしている。

 IARCは、世界のがん死亡患者のうち年間約3万4000人が加工肉の多い食生活が原因でがんを発症したとする研究結果を紹介している。一方、年間のがん死亡患者のうち、喫煙が原因とみられるのは100万人、アルコール摂取は60万人、大気汚染は20万人で、これらに比べると肉の摂取が原因のがんは少ないと指摘している。

 IARCは、健康に安全な食肉摂取量がどのくらいであるかを示すデータはないとしている。また、加工肉が発がんリスクを高める仕組みは完全に解明されていないが、加工や調理の過程で生じる化学物質が何らかの影響を及ぼしている可能性もあるとしている。

 IARCの発表を受け、北米食肉協会(NAMI)が「特定の結果を出すためにデータを歪曲した」と批判するなど、食肉生産業者は反発。また、栄養学の専門家らは、肉は鉄分や亜鉛の重要な供給源であり、肉の「過剰摂取」に該当する人々は非常に少ないと指摘するなど、発表された内容の解釈に注意を促している。【翻訳編集】 AFPBB News



posted by 万福ダイエット at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーセージなど加工肉に発がん性=WHO

ソーセージなど加工肉に発がん性=WHO
http://jp.wsj.com/articles/SB10631682899670053547704581318182135936612

By
KELSEY GEE and SHIRLEY S. WANG

2015 年 10 月 27 日 10:34 JST

 ベーコンやソーセージなどの加工肉と赤身肉を食べることでがんを発病する可能性があるとの研究結果を26日、世界保健機関(WHO)の専門組織が発表した。食肉業界は研究結果について、科学的調査が不十分だとして反発している。

 この研究結果をまとめたのは、WHOの専門組織である国際がん研究機関(IARC)で、10カ国から22人の研究者が参加した。同研究はサラミやベーコンに発がん性があるとし、その危険性を喫煙やディーゼルエンジンの排ガスと同水準だと認定している。

 また、ステーキやローストビーフなどの赤身肉についてもがんを発病させる可能性があると考えられ、その危険性は広く使用されている除草剤のグリフォセートと同レベルとした。

 IARCは発がん性物質の評価機関として定評がある。今回の研究結果は、食肉の多量摂取と大腸がんの発現の関連性を裏付ける強い証拠が発見された多数の実験を根拠としている。大腸がんは世界で3番目に頻度の高いがんとなっている。

 研究結果はがん分野の医学誌「ランセット・オンコロジー」に掲載された。その中でIARCは「今回の研究は収集した大量のデータに基づいており、それによると広範な人種にわたり加工肉の摂取と大腸がんの一貫した関連性が認められる。何らかの偶然や偏り、あるいはデータの乱れがこの関連の原因とは言い難い。この結果、調査に携わったワーキンググループの大半の研究者が、加工肉摂取に発がん性があるという十分な証拠が存在するとの結論に達した」としている。

 また、研究では加工肉の場合は大腸がんと胃がんとの関連性が確認され、赤身肉の場合はやや低い関連性ながら大腸、すい臓、前立腺の各がんの発病が確認されたとしている。

 今回の研究は800本を超える論文を精査し、幅広い人種を長期間にわたった調査を考慮した。その中には、たとえ少量であっても毎日食べた場合はある種のがんの発現リスクが高まることを示唆する研究も紹介されている。例えば、10本の論文からなる1グループを分析した結果では、毎日100グラムの赤身肉を食べると大腸がんのリスクが17%高まり、加工肉を毎日50グラム摂取すると18%高まるとした。

 ただ、赤身肉とがんの関連性は一般的な明確さに欠けていたとしている。「いくつかの高い品質の論文では明確な関連が確認されなかった」とし、喫煙や運動など他のライフスタイル要因と区別するのが困難だったと今回の研究者らは記している。この結果、赤身肉とがんとの連関性は限定的だと結論付けている。

 今回のIARC論文の発表以前にも同様の研究結果は発表されている。世界がん研究基金(WCRC)は2011年、加工肉も赤身肉もその摂取が大腸がんの発生リスクを高める有力な証拠があると結論付け、1週間に計500グラム以上の牛、豚、羊肉を食べないよう勧告している。また、同基金はハムやサラミの加工肉製品もできるだけ減らすよう勧告した。

 今回のIARC研究に関与していないニューヨーク大学の栄養・食品・公衆衛生学のマリオン・ネッスル教授は「がんとの関連を裏付ける研究が増えている」と指摘、「気候変動への影響など牛肉摂取を少なくする理由は多くあるようだが、がんはもっと個人的な心配を高める要因だ」と述べた。

 ただ、食肉業界からはすでに批判が出ている。食肉加工会社などで構成するロビー団体の北米食肉協会(NAMI)は論文掲載に先立つ23日、今回のIARCの結論は「常識を無視し、肉食とがんの関連性を否定する数十の研究を無視し、肉を含むバランスのとれた食事による多くの健康への利点を示した他の研究結果を否定するものだ」との声明を出した。

 また、NAMIの科学担当副会長のベッツィー・ボレン氏は「今回の研究者の多くは古く、根拠の薄い、客観性に欠ける摂取データにもかかわらず、最初から特定の結論を狙っていた」と指摘し、「データの改ざんだ」と批判する声明を出した。




posted by 万福ダイエット at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーセージやベーコンは大腸ガンになるリスク WHO調査結果発表

ソーセージやベーコンは大腸ガンになるリスク WHO調査結果発表
http://www.sankei.com/life/news/151027/lif1510270003-n1.html

 世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC、本部フランス・リヨン)は26日、ソーセージやベーコンなどの加工肉について「発がん性が十分認められ、大腸がんになるリスクがある」との調査結果を発表した。赤身肉についても発がん性の恐れがあると指摘した。

 欧米メディアによると、発がん性につながる物質が加工段階で生成されるという。欧米に比べると日本人の肉類の消費量は少なく、「日本人の一般的な消費レベルなら大腸がんリスクにはならない」との研究結果もある。

 IARCによる発がん性の評価は5段階で、加工肉は喫煙やアスベストなどと同じく最も高いレベル。毎日50グラムの加工肉を消費すれば、大腸がんのリスクが18%増加すると結論付けた。

 IARCの専門家は声明で「消費量によってがんが発生するリスクが高まる」と指摘、消費者に食べ過ぎないよう警告した。(共同)



posted by 万福ダイエット at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

病に打ち克つ習慣とは?「がんにならない食生活」

病に打ち克つ習慣とは?「がんにならない食生活」
http://news.ameba.jp/20151013-92/

2015年10月13日 07時00分
日本人の2人に1人が罹り、3人に1人の死亡原因となる悪の病。その身近な悲劇を未然に防ぐ手段を専門家たちに取材した!

9月24日に流れた、女優の川島なお美さん(享年54)の突然の訃報に衝撃を受けた方は多いだろう。死因は肝内胆管がん。一昨年の健康診断で発見され、昨年1月に手術し、その後、芸能界に復帰していた。

しかし――。
「9月7日に行われたシャンパンイベントにドレス姿で登場した川島さんは、驚くほど痩せていました。とはいえ、17日に降板したものの、一時、ミュージカルの舞台にも出演するなど、精力的に活動。にもかかわらず、イベントからわずか17日後に突然過ぎる死を迎えたんです。がんの恐ろしさを改めて感じました」(スポーツ紙記者)

9月23日の、元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さん(48)が乳がんであるとの告白も衝撃だった。というのも、今年4月に、タレントの愛川欽也さん(享年80)が肺がんで、5月には俳優の今井雅之さん(享年54)が大腸がんで逝去したように、現在、日本人の3人に1人が、がんが原因で死亡しているからだ。日本人にとって、その恐怖は他人事ではない。
「実はがん細胞というのは、3大栄養素やミネラル、ビタミンといった栄養素が不足すると、増殖しやすくなります。そして、これに基づいた栄養摂取法が、がん治療に有効なことも分かっています。なので、毎日の食生活をキチンとすれば、がん予防につながります」

こう述べるのは、『がん治療の最前線』(サイエンス・アイ新書)の著書がある、元イリノイ工科大学助教授の生田哲薬学博士だ。つまり、毎日の食生活が、悪の病に大いに関係があるというわけだ。

では、がん予防に"悪い食事"とは具体的に、どのようなものなのか。生田氏に尋ねると、真っ先にジャンクフードを挙げた。
「ジャンクフードとは、カロリーこそ豊富ですが、わずかな量でも人間の健康に寄与する微量栄養素や食物繊維は不足しているもののことを指します。このような食事を続け、栄養不足が慢性的になると、がん発生リスクは上昇。加えて、高カロリーは肥満や高血糖を呼び、これも体の自己免疫力を弱め、がんをさらに促進するんです」

実は我々の体内では日々、がん細胞が発生しているという。しかし、免疫細胞がこれを破壊し、がんの恐怖を遠ざけているというのだが、免疫力が衰えれば、その作用は弱まるのだ。
「ファストフード、加工食品、缶詰など、いずれも製造段階で加熱処理し、ビタミンなどの微量栄養素を壊しているもので、すべてジャンクフードに当たります」(前同)

そこで、生の食材をできるだけ、その姿のままに食することが望ましいという。
たとえば、魚屋で買って来た生のエビと、冷凍食品のエビ。見た目は同じでも、後者は微量栄養素の多くが抜けており、栄養学的には似て非なるものだというから驚きだ。
がんの原因となる意外な食材

生田氏が続いて挙げる悪い食事が、「クイックカーボ」と呼ばれるもの。これは、食べた直後に血糖値を急激に上げる精製デンプンや砂糖を指すというが、主食である白米や白パン、菓子パン、うどんにも含まれているというのだ。どういうことか。
「白米は、急激に血糖値が上がるうえ、玄米に比べて微量栄養素が非常に少ないのでクイックカーボであり、同時に、ジャンクフードでもあるわけです。一般的には、微量栄養素を取り除いた食品は日持ちがよくなりますし、また、白米のほうが玄米より美味しいということで白米をメインに食べていますが、体のことを考えれば、玄米のほうが圧倒的に有益です」

とはいえ、中には玄米の味や硬さが気になるという方もいるだろう。その場合は、玄米と白米の中間処理段階である胚芽米がオススメだという。

そして白米に続いて、牛肉や豚肉、羊肉といった、四足動物の食肉も、がん予防の観点からは気になる食材になるそうだ。
これは、N−ニトロソ化合物、ヘテロ環アミンなどの強い発がん物質が含まれているからだというが、中でも、ハムやソーセージなど加工してあるものは、塩分過多という側面も加わって、危険性がさらに増すというのだ。

『ほどほど養生訓(実践編)』(日本評論社)の著書があり、予防医療学が専門の新潟大学名誉教授・岡田正彦氏(医学博士)が、塩分摂取の危険性を解説する。
「過剰な塩分はがん、特に胃がんの最大原因なんです。塩分は、胃の粘膜を荒らし、細胞を壊すんですが、その壊れた細胞を修復するために周囲の細胞が盛んに分裂。これを繰り返している間に遺伝子が傷つき、がんになるようです」

世界保健機関(WHO)が定める1日の塩分摂取目標は5グラム。ところが、しょうゆ、みそ、漬物など、我々の食生活が"塩"と密接に結びついていることもあり、日本人の実際の摂取量は、かなり超過しているという。

さらに岡田氏が注意を促すのが、ジャガイモを高温加熱した料理だ。
「長時間高熱を加えると、ジャガイモの成分の一部が発がん物質に変化することが分かったんです。フライドポテトが日常的に食べられる欧米では、このニュースが流れるや大きな社会問題となり、詳細な調査も行われています」

フライドポテトのみならず、ポテトチップスもそれに該当する。たまに1人分(100グラム)を食べるだけなら問題ないが、それが毎日となると、許容できる範囲を超えるという。
「他にも、マーガリンなど固形の脂肪食品にも、がんの有害物質が含まれていることが分かっていますし、カビも肝臓がんの原因になるんです」(前同)

カビを好きこのんで食べる人は少ないが、ナッツ類やトウモロコシのように、カビが生えているか分かりにくい食材があるので、ぜひ注意していただきたい。
識者も注目のリスク軽減食品

これまで紹介したように、がんを導きかねない食材がある一方で、がん予防を期待できる食材もある。岡田氏がまずオススメするのは、カロテン、ポリフェノール、カテキン、ビタミンCといった、がんの原因になる物質を中和する抗酸化物質が豊富に含まれているリンゴだ。
「野菜や果物を食べるようよくいわれるのは、抗酸化物質が含まれているからですが、中でも効果が高いといわれるのがリンゴなんです。ただし、その大切な成分の多くが皮と、そのすぐ下の層に集中しているので、皮ごと食べるのがポイントです」

また、1日に5杯以上飲む人は、飲まない人に比べて、肝がんリスクがわずか4分の1という論文が出て以降、注目されている飲み物がコーヒーだ。実は、その詳しい原因はよく分かっていないのだが、ペーパードリップ式でコーヒーを淹(い)れればより効果的だという。
「コーヒー豆には悪玉コレステロールを上昇させ、結果的にがんリスクを高めることになるカフェストールという苦味成分が含まれているんですが、ペーパードリップであれば、この成分が紙に吸着されて、除去してくれるんです」(前同)

生田氏が推奨するのは、ラズベリーやストロベリーなどのベリー系果実だ。その理由は、エラグ酸という有効成分が大量に含まれているからだという。
「がん細胞は、自らの周辺に血管を作って、そこから血液と酸素を得て増殖します(血管新生)。エラグ酸はその現象を抑えることが明らかになっているんです」

リンゴ、コーヒー、ベリー系と、いずれも手軽な食材ばかりだが、生田氏はさらに身近なモノの効果についても話す。
「水です。ビタミン、ミネラルなどの栄養素をとらなくても、私たちはしばらくの間、生きられますが、水なしでは数日の間に死んでしまいます。これは、水和(水が細胞を満たすこと)が代謝と解毒に欠かせないからなんです」

普段、水の代わりにお茶やジュースなどで水分を補っている人も多いだろうが、
「これらには糖分や香料などが溶けている分、老廃物を溶かす力は、ただの水にかなわないんです」(前同)

生田氏によれば、起床時に、コップ1杯の水を飲むのが効果的だそうだ。
また、食べ方でも納豆やサラダ、焼き魚など"食材がひと目で分かるもの"は、がん予防に有益だという。
ただし、すでに述べたように、形が分かっても、加工した食品や白米は、これに当てはまらない。さらに、
「調理時に使う油を、アマニ油やオリーブ油にすれば、炎症を促進して、がん細胞の増殖や転移を促すリノール酸を避けることができます」(同)

もはや、誰が発病してもおかしくない、がん。そのリスクを下げるためにも、毎日の食生活に、ぜひ気を配っていただきたい。


posted by 万福ダイエット at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

肥満はがんの原因に、肝臓がん、卵巣がん、前立腺がんも

肥満はがんの原因に、肝臓がん、卵巣がん、前立腺がんも
http://www.mededge.jp/a/hcgo/11499

国の対策も必要
 肥満はさまざまながんを引き起こす原因とはっきりしてきているようだ。

新しく関係が分かってきている

 世界がん研究基金による研究について、英国がん研究所が2015年3月27日に報告している。

 がんと体重には関連がある。統計によると肥満は、ライフスタイルに関連するがんの原因としては、喫煙に続いて第2位。そして、肥満は乳がん、大腸がんを含めた9種類のがんに関連していると分かっていた。最近、さらに肝臓がんも加わった。肝臓がんとの関係は、乳がんや大腸がんと肥満との関連性と同程度と説明をしている。さらに、昨年の研究において、肥満は卵巣がんや進行性前立腺がんの原因となることも明らかにされている。

 以前の研究において、がんの5分の2はライフスタイルを変えると防げると分かっている。同研究所が挙げるのは、健康的な体重を維持し、たばこを吸わず、健康的な食生活を送り、アルコール量を控え、日焼け止めを使い、体を積極的に動かすことである。

3つの対策案

 研究所では、対策には政府の関与が必要と指摘する。肥満の人が体重を減らすのは容易ではないからだ。個人の行動だけで良い変化をもたらすのには限界があるという。

 コンサルティング会社、マッキンゼーの調査によると、費用対効果のある対策には44が挙げられているという。3つの対策を勧める。(1)コミュニティの中で活動的になるような支援を行う(2)糖分を多く含む飲料を控えさせる(3)食品パッケージの前面に糖分、塩分、脂肪分などの表記をする。

 肥満は日本でも問題でこのような対策も考えて良いかもしれない。

文献情報

World Cancer Research Fund. Obesity and cancer – report highlights three things the Government could do. Cancer Research UK. 2015 March 27.

http://scienceblog.cancerresearchuk.org/2015/03/27/obesity-and-cancer-three-things-the-government-should-do/




posted by 万福ダイエット at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。