2010年07月03日

心臓病とは、その予防は

◆心臓病とは、その予防は 富山県
http://www.pref.toyama.jp/sections/1205/qa/qa400.htm

 心臓病は、日本人の全死亡順位としては、がんについて第2位 を占めています。 なかでも、狭心症や心筋梗塞のような動脈硬化が原因の虚血性心疾患が増えています。

 
○動脈硬化と虚血性心疾患

 加齢とともに動脈の壁が固くなり、さらに血管の内側にコレステロールがたまることで、血管が狭くなり血液のながれが悪くなるのが動脈硬化です。

 心臓をとりまく血管(冠動脈)が動脈硬化になると、心臓にとどく血液の量 が不足したり、血管が詰まって血液の流れがストップし、心臓が酸欠状態になります。これが虚血性心疾患です。

 狭心症

 心臓をとりまく冠動脈から、心臓への血液の供給量が不足しておきる酸欠状態により、心臓の動きが悪くなり、胸が締め付けられるような痛みが生じます。

 心筋梗塞

冠動脈に血の固まり(血栓)ができたり、動脈硬化により血管がつまると血液の流れが完全に止まり、心臓の一部が死んだ状態(壊死)となります。狭心症よりも痛みが激しく、死に至る可能性が高い病気です。

○こんな症状には要注意

胸の圧迫感

不安感や胸の違和感(冷や汗、息切れ、どうき、めまいなどを伴う) 階段を上がる、急いで歩く等の行動に関連し起こる痛み、数分の安静で収まることが多い

狭心症が疑われます

持続性の胸痛とともにどうき、めまいなどが次第に強くなり意識の低下が起こる、冷や汗、めまい、呼吸困難がさらに強くなり、吐き気、おう吐などを伴う 安静時でも、突然、前胸部の激痛が起きる、次第に症状が重くなる

心筋梗塞が疑われます

これらの症状は虚血性心疾患の前ぶれなので、すぐに医師の診断を受けましょう。


○心臓病を予防するには?
□食事で予防
コレステロールをとりすぎない
動物性脂肪のなかでも特に肉の脂身やバター、生クリームなど常温で固まっている脂肪には飽和脂肪酸が多く含まれ、血液中のコレステロールを増加させます。一方、植物油にはコレステロールを減らす働きのある不飽和脂肪酸が含まれています。

 また、イワシやサバなど青背の魚にはEPAやDHAが多く含まれ、体内でコレステロールが作られるのを抑えたり、血栓を予防する効果 があります。但し古くなると酸化して老化の原因になるいわれている過酸化脂質に変化しやすいので、新鮮なものを食べましょう。

 食物繊維には腸でのコレステロール吸収を抑え、排泄を促進する働きがあるので、野菜、きのこ類、豆類など食物繊維をたくさんとるようにしましょう。

塩分の制限
食塩のとりすぎは高血圧の原因になります。目標は1日10グラム未満です。
(調理方法にもよりますが、ラーメン1杯で5〜6グラム、みそ汁1杯で1.5〜2グラムです。)

□運動で予防
ウォーキング、水泳など、体内に酸素を取り込みながら行う有酸素運動は、心臓病のほか、さまざまな生活習慣病に効果 があります。

身体に無理な負担をかけないで行いましょう。
http://www.pref.toyama.jp/sections/1205/qa/qa400.htm

 

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝のたばこ文書管理保管センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 たばこ文書保管管理センター Tobacco Documents Archives
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・


posted by 万福ダイエット at 01:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 虚血性心疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

メタボに関する病気

メタボに関する病気虚血性心疾患とは?
中央区
http://www.city.chuo.yamanashi.jp/~kenko-up/kyoketu.html

 動脈硬化が原因となる心臓の病気。生活習慣病の一つで、狭心症や心筋梗塞などに代表されます。虚血性心疾患とは、心臓をとりかこむ冠動脈(冠状動脈)という血管がせばまって血液が通りにくくなり、心臓に十分な血液が行かない状態になり引き起こされる疾患です。血液を通じて摂取する、酸素や栄養が心臓を動かしている筋肉に届かず、栄養不足になり、心臓がだめになってしまいます。

虚血性心疾患の症状
 狭心症の場合は、発作時に胸部の絞扼感・灼熱感・圧迫感・不快感などがあり、その部位は胸部中央や心窩部・背部・下顎・左上肢などに広がります。発作の持続は数分で、動脈硬化性の場合は運動などによって誘発されることが多く、冠動脈攣縮の場合は夜間や明け方などに起こることが多いとされています。

 心筋梗塞の場合は、狭心症と同じような胸痛が30分以上も持続し、その程度も強いことが特徴です。時には不整脈の出現やショック状態なども起こります。

一般療法
 狭心症などの発作を防ぐためには、無理な運動をせず、熱い風呂や長湯を避け、興奮やストレスに注意するなどが肝要です。また、動脈硬化の進展を予防するため、脂肪や塩分制限の食事、禁煙、アルコールの摂取量の注意、適度な運動などが必要です。

 心筋梗塞後の注意としては、再発予防のために動脈硬化因子の軽減を中心とする食事療法を行います。運動療法については、入院中に心臓リハビリテーションのスケジュールがたてられ、退院後の社会復帰や再発予防の目的を持って進められていくこととなります。

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の公衆衛生ネットワーク 切明義孝の健康日記 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝ブログ 切明義孝の本棚 切明義孝のおすすめ医学書 切明義孝の公衆衛生ネットワーク健康と医学のメーリングリスト 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の新型インフルエンザ情報 切明義孝の事業継続計画BCP 切明義孝のお勧め書庫 切明義孝の公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・


posted by 万福ダイエット at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 虚血性心疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

心臓病・虚血性心疾患を防ぐ 健康料理レシピ 佐久市

心臓病・虚血性心疾患を防ぐ 健康料理レシピ 佐久市
http://www.city.saku.nagano.jp/kenko_kaigo/recipe/seikatsu_syukan/shinzo.htm
日常生活の注意によって、心臓病は充分予防できます。
 心臓病は全身にくまなく血液を送り出すポンプです。心臓が停止すれば血液は循環しなくなり、各 臓器に酸素と栄養素を運ぶことができなくなり、結局死に至ります。

 心臓が血液を力強く送り出せるのは、心臓がよく発達した筋肉でできているからです。心臓は1日に約10万回もの収縮と拡張を繰り返して、全身に血液を送りこんでいます。そのエネルギー源となる酸素や栄養分を心筋に送り込んでいるのが冠状動脈血管です。
 心臓の外表面をおおっている冠状動脈に障害が起これば、当然、心筋への血液の供給が悪くなり、心筋の機能は低下することになります。冠状動脈の一部が完全に詰まってしまうと心筋梗塞、一時的に詰まると狭心症や不整脈、心不全が起こります。突然死の危険性を持っているこれらの心疾患は、いずれも動脈硬化性のものですから、動脈硬化を予防する食生活が最大のポイントになります。
 そのためには、バランスのよい食生活と次のことに心がけましょう。

心臓病予防と治療の
食生活6大ポイント

厳禁!暴飲・暴食
一度にたくさんの量を食べると体に負担がかかり、心臓が圧迫されます。また、食べ過ぎ、飲みすぎは肥満を招き、心臓病の原因となります。

ふとりすぎ追放!
肥満は重い荷物を背負っているようなもの。それだけ心臓に負担をかけます。できるだけ穀物、砂糖などを減らし、空腹感の強い時は野菜や果実、牛乳などを多くとるようにしましょう。

塩分は要注意!
むくみがあるときや血圧の高いときは、特に制限をきびしくすることが必要です。みそ汁、つけもの、魚の干物、加工食品の取り方に十分注意しましょう。

刺激物はひかえ目に
わさび、とうがらし、カレー粉などの刺激の強い香辛料、酒類、ビール、コーラ、サイダーなどの炭酸ガスをふくむ飲料、コーヒー、ココアなどのアルカノイドを含む飲料は心臓に刺激を与えるので、注意しましょう。

動物性脂肪はほどほどに
動物性の脂肪を多く含んだ食品は、血中コレステロールを上昇させます。かわりに大豆油、ごま油、サラダ油などを用いましょう。

便秘は赤信号
便秘でおなかがはると、それだけ心臓の負担を増やします。便秘がちの人は、果物、野菜、いも類、海藻類などをたくさんとるようにしましょう。

心臓病予防と治療の
日常生活6大ポイント

定期検診を受けましょう
定期的に健康診断を受けることは、健康な人にも必要なことですが、心臓に障害のある人や、かつてあった人にとっては必要不可欠です。

心やすらかな時間を持ちましょう
精神緊張は、血圧を高め心臓の負担を大きくする心臓病の大敵。緊張をゆるめるために音楽をきいたり、美術品を鑑賞したりして、ゆったりとして過ごす時間をもちましょう。

余病を寄せつけないようにしましょう
心臓病のある人は、カゼのような簡単な病気でも警戒を怠ってはいけません。カゼから呼吸器その他の病気をひきおこし、心臓病を悪化させることもあります。

休養と睡眠を十分とりましょう
休養と睡眠は、健康を維持するために欠くことのできないものです。とくに心臓に障害のある人は、規則正しく休養と睡眠をとりましょう。

入浴には注意しましょう
心臓病のある人は、熱い湯や長時間の入浴は禁物です。また浴室や脱衣場の温度と湯の温度とが ちがいすぎるために、血圧が急に変ったり、カゼをひいたりすることがあるので注意しましょう。

毎日、適度な運動をしましょう
散歩、体操、ナワ飛び、何でも良いのです。適度の運動により心臓の働きは余力が増し、精神的緊張もほぐれます。(ただし、現在心臓病の方は医師と充分に相談を!)

血中コレステロールを低下させる食品
 血中コレステロール低下作用が期待できる食品には、植物油、魚油、きのこ、海草、大豆・ 大豆製品、果物、野菜などがあります。
● 植物油…サラダ油、天ぷら油などで市販され、多くの場合は米油、大豆油、コーン油 などがブレンドされています。これらは、いずれもリノール酸のような多価不飽和脂肪酸が多く含まれています。血中コレステロールを短期的に低下させる作用があります。1価不飽和脂肪酸であるオレイン酸の多いオリーブ油にも血中コレステロール低下作用が期待されます。
● 魚油…青身の魚に多いIPAやDHAは血中コレステロール低下作用と同時に血栓形成の予防もしてくれます。
● きのこ…しいたけ、えのきだけ、マッシュルームなどのきのこ類にも、血中コレステロールの低下作用があります。これらには食物繊維が多く含まれているうえ、とくにしいたけには、エリタデニンとよばれる、血中コレステロール低下物質も発見されています。
● 海草…ワカメ、コンブ、モズクなどの海草類にも各種食物繊維が含まれ、これらに低下作用があることが、いくつかの実験で確かめられています。
● その他…大豆・大豆製品や野菜類、果物などにも食物繊維をはじめいくつかの血中コレステロール低下成分が含まれています。コレステロールを多く含む食品を食べるときは、これらも一緒に組み合わせて食べることが、バランスをとるポイントです。

http://www.city.saku.nagano.jp/kenko_kaigo/recipe/seikatsu_syukan/shinzo.htm
 
・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
切明義孝の公衆衛生情報 公衆衛生ネットワーク 切明義孝の健康日記 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝ブログ 切明義孝の本棚 おすすめ医学書 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の新型インフルエンザ情報 切明義孝の事業継続計画BCP 切明義孝のお勧め書庫 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・
 



posted by 万福ダイエット at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 虚血性心疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

心臓病と食事

予防のために:心臓病と食事
http://www.tyojyu.or.jp/hp/page000000600/hpg000000536.htm 
○心疾患は死因の第2位
 厚生労働省の人口動態統計によると心疾患は日本における死因の第2位(平成19年)を占めています。
 心疾患の中で、心臓を養う冠動脈に血液が十分にいかないために起こる病気を虚血性心疾患(冠動脈疾患)といい、心筋梗塞や狭心症(リンク1・2参照)がこれに含まれます。
 虚血性心疾患の発症には色々な要因が関連していますが、予防を考えるときに重要になるのが、煙草(吸わないこと)、適度な運動(リンク3参照)と適切な食事です。

○心疾患予防のための食生活
 日本循環器学会による「虚血性心疾患の一次予防ガイドライン」では、食事のとり方として、エネルギーバランスに注意する(糖質エネルギー比50%以上、脂質エネルギー比20%〜25%)、食物繊維を十分に摂取する(20〜25g/日)、食塩摂取は1日10g未満(高血圧合併例は7g/日)とすることなどをすすめています。
 また、アメリカ心臓病協会による食事ガイドラインでは、さまざまな食品群に含まれる多様な食品を含んだ、バランスのとれた食事を摂る重要性が強調されています。バランスのほかに、個人の栄養素の必要量にあった適量の食事を摂り、適正体重を維持することの大切さを説いています。

○飽和脂肪酸やトランス脂肪酸の過剰な摂取を控える
 さらに、心臓病予防のためには血清脂質(LDLコレステロール等)を適正に保つことも大切です。
 血清脂質管理のポイントはまず飽和脂肪酸の摂取を抑えること。飽和脂肪を多く含む肉、チーズ、牛乳(低脂肪乳や無脂肪乳など、脂肪を低下させているものを除く)などの過剰な摂取は控えると良いでしょう。
 またアメリカのガイドラインではトランス脂肪酸を控えることもすすめています。トランス脂肪酸はマーガリン、ショートニングやこれらを使ったケーキ、クッキー、クラッカー等の製品、レストランやファーストフードの揚げ物で使用されるクッキングオイルなどに含まれています。
 心臓病予防のためにはこのような食品の過剰な摂取は避けたほうが良いようです。特に、ファーストフードや加工食品を良く食べる食生活では注意が必要です。

○野菜や果物の摂取を心がける
 野菜や果物の摂取も心臓病予防に効果的と考えられています。β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素が心臓病の発症に関連すると考えられている酸化障害を防ぐといわれています。
 しかしこれらの栄養素をサプリメントで摂取した場合の予防効果は明らかではありません。緑黄色野菜を中心とした野菜類や、果物からの摂取を心がけましょう。

○魚の摂取は予防に有効
 最近日本で実施された脂質異常症(高脂血症)患者を対象とした大規模臨床試験JELIS(Japan EPA Lipid Intervention Trial)では、魚油に含まれるn-3系脂肪酸の一つであるEPA(エイコサペンタエン酸)製剤が冠動脈疾患の予防に有効であることが示されました。
 この研究は日本人を対象として行われていますので、諸外国に比べ魚をよく摂取している日本人でも、魚を意識的によく摂るような食生活が心臓病の予防に役立つという可能性を示していると考えられます。
 
詳しくは
http://www.tyojyu.or.jp/hp/page000000600/hpg000000536.htm
 
・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
切明義孝の公衆衛生情報 公衆衛生ネットワーク 健康日記
ブログ おすすめ本棚 おすすめ医学書 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト  万福ダイエット
禁煙情報 お勧め書庫 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

posted by 万福ダイエット at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 虚血性心疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

なぜ虚血性心疾患になるのか?

B23虚血性心疾患.gif

なぜ虚血性心疾患になるのか?
http://www.niph.go.jp/soshiki/jinzai/koroshoshiryo/kyozai/data/b_23.ppt

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)とは・・・

○動脈硬化や血栓などで心臓の血管が狭くなり、血液の流れが悪くなることにより、心臓の筋肉に必要な酸素や栄養がいきわたりにくくなり、急激な激しい運動、強いストレスなどで心臓の筋肉が一時的に血液(酸素、栄養)不足となり、主に前胸部、特に左腕や背中に痛みや圧迫感等の症状が現れる。

虚血性心疾患発症のメカニズム

動脈硬化の中でも、摂取エネルギーの過剰、運動不足による肥満、耐糖能異常、高脂血症、高血圧、喫煙がリスクファクターとなる粥状(じゅくじょう)動脈硬化が特に問題

高血圧によって冠動脈の血管内皮が傷害され、高コレステロール血症によりプラーク(コレステロールが蓄積した状態)ができ血管の内腔が狭くなる(狭心症を起こしやすい状態)。

・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
切明義孝の公衆衛生情報 公衆衛生ネットワーク 健康日記
ブログ おすすめ本棚 おすすめ医学書 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト  万福ダイエット
禁煙情報 お勧め書庫 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

posted by 万福ダイエット at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 虚血性心疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。