2015年09月11日

飲料業界肥満研究結果は「恣意的」… たばこ業界を想起

飲料業界肥満研究結果は「恣意的」… たばこ業界を想起
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150908/mcb1509080500012-n1.htm
2015.9.8 06:11
 米国では人口の3分の1以上が肥満で、3分の1程度が過体重だ。それ以外の人々も、できるものなら減量したいと考えている。米国人はついに肥満の克服に向けて動き始めたが、それを喜ばしく思わない業界もある。

 炭酸飲料離れ加速

 米国人の摂取カロリーは10年前と比べて9%減少した。そして過去にないペースで炭酸飲料離れが進んでいる。炭酸飲料の消費量はピーク時の1990年代と比べて25%減った。ウエスト回りのためには素晴らしいことだが、清涼飲料業界にとっては大打撃だ。同業界は、人々がその他の減量方法に目を移すことを願っている。

 コカ・コーラのケント最高経営責任者(CEO)は2009年、米紙ウォールストリート・ジャーナルに寄稿したコラムで、「砂糖入り飲料だけが悪者にされている」と指摘。「カロリーの摂取だけでなく消費も問題だ」と書いた。こうした見地から、同社をはじめとする清涼飲料メーカーはこれまで、肥満につながる他の原因やその解決法に人々の関心を向けようと努力してきた。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、コカ・コーラは14年、同年12月に発足したばかりの国際機関、グローバル・エナジー・バランス・ネットワーク(GEBN)の設立資金として、100万ドル(約1億1950万円)以上を寄付した。GEBNの創設者であるコロラド大学のジェームズ・O・ヒル教授(小児科学、医学)は、これにより「研究者たちが意見交換をしたり、エネルギーバランスの科学について議論したりできるようになった」と指摘した。

 ヒル氏によると、コカ・コーラに寄付金の使い道を指定する権限はなく、GEBNが実際に学問的な研究を実施しているわけでもない。だがGEBNは設立後の数カ月間、清涼飲料業界との結びつきを公開していなかった。同氏は「2月に、当組織の資金源がウェブサイトに掲載されていないことを3、4人から指摘された」と述べた。GEBN設立の背景を説明した3月のプレスリリースでも、コカ・コーラの関与に触れていなかった。同氏は「われわれのミスだった。もっと適切な方法があった」と述べた。

 ヒル氏は35年間にわたり、清涼飲料業界が資金提供する研究プロジェクトにかかわってきた。例えば同氏は昨年、ダイエット用炭酸飲料を飲んだ被験者のほうが、水だけを飲んだ被験者よりも減量ペースが速かったとする研究論文を共同執筆した。この研究にはコカ・コーラやペプシコが加盟する米国飲料協会(ABA)が資金提供している。

 その他の研究者、例えば米国肥満協会の元プレジデントのデビッド・アリソン氏や、GEBNのバイスプレジデントで、砂糖入り飲料と肥満の関連を疑問視しているサウスカロライナ大学のスティーブン・ブレア教授(運動科学)も、同じように業界から支援を受けている。ブレア氏はここ数年でコカ・コーラから総額300万ドルの研究資金を受け取った。

 ブレア氏は昨年、GEBNの使命を説明した動画で次のように述べた。「人気のあるメディアや科学系の報道の主な関心は『みんな食べ過ぎだ』というもので、ファストフードや砂糖入り飲料を批判している。それらが肥満の原因だという説得力のある証拠はほとんどないにもかかわらずだ。われわれは正しい情報を得る方法を学ばなければならない」

 ただ、ブレア氏には国立衛生研究所(NIH)から3000万ドル近くが提供されており、それと比べればわずかなものだ。また、科学的研究や肥満に関する啓発の分野に関与している食品・飲料メーカーはコカ・コーラだけではない。

 たばこ業界を想起

 ペプシコは13年にエール大学スクール・オブ・メディスンに肥満対策の研究資金として25万ドルを寄付。ネスレリサーチセンターは昨年、米誌ネイチャーを発行するネイチャー・パブリッシング・グループによる肥満症専門誌「オビーシティー」に資金を提供。また、肥満解消に貢献するバクテリアや、女性の内臓型肥満、内臓脂肪が蓄積される場所などに関する研究を実施した。

 デューク大学サンフォード公共政策大学院のケリー・ブロウネル学部長は「まさにたばこ業界の運動を想起させるものだ。たばこメーカーは研究者に資金を与え、研究者はたばこに有利な分析をした。そして今度は清涼飲料メーカーだ。研究者らは、清涼飲料は健康に害がないというデータを生み出している」と指摘した。同氏は長年にわたり清涼飲料への課税を支持している。

 問題は食品・飲料業界が肥満研究に資金を出していることではなく、それによって肥満との関係が見過ごされることである。13年にPLOSメディスン誌に発表された研究によると、飲料に関する17本の研究を分析したところ、飲料業界と金銭的な結びつきがある研究は、結びつきのない研究と比べて、砂糖入り飲料と体重増加は関係ないという結論を出す確率が5倍高かった。(ブルームバーグ Claire Suddath)


posted by 万福ダイエット at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

肥満は感染症の危険因子 免疫機能低下でインフル悪化、肺炎など重篤症状も

肥満は感染症の危険因子 免疫機能低下でインフル悪化、肺炎など重篤症状も
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/150510/ecb1505101707002-n1.htm

2015.5.10 17:07

 ■【STOP!メタボリックシンドローム】

 生活習慣病のリスクを高める肥満やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が、感染症発症の危険因子でもあることがさまざまな研究で明らかになりつつある。肥満が免疫機能を変化させることが原因とみられる。肺炎などの重篤な症状を引き起こすこともあるといい、専門家は「肥満はさまざまな病気のリスク要因であることを改めて認識してほしい」と呼び掛けている。(大家俊夫)

 ぜんそくの原因に

 日本女子大の佐藤和人学長(家政学部食物学科教授)らのグループは15年前から肥満と免疫に関する研究を続けてきた。同大大学院で三戸夏子氏(現横浜国大准教授)らが、高脂肪食を与え高度の肥満状態にしたマウスと普通食を与えたマウスの比較実験を行ったところ、前者の免疫機能が後者に比べて多様に変化していることが分かった。

 同実験を指導した佐藤学長は「肥満によって免疫機能の調節をするサイトカインという生理活性物質のバランスが崩れ、免疫機能に変調を来した」と分析する。

 免疫機能の変調は、さまざまな病気につながる恐れがある。例えば、免疫機能が低下し過ぎると肺炎などの感染症を引き起こし、過剰になるとアレルギーの原因になる。特に小児のぜんそくの危険因子になることが指摘されている。

術後の炎症悪化

 最近の国内外の論文で、肥満がさまざまな感染症発症のリスク要因になる他、炎症を悪化させたり、がんの原因になったりしていることが報告されている。

 2009(平成21)年に世界的に大流行した新型インフルエンザでは、死亡者や重症者に占める肥満の人の割合が高かったとする論文が昨年、発表された。肥満による免疫機能の低下が原因でインフルエンザに対する防御力が落ちたことが考えられるという。

 また、別の論文では、内臓脂肪蓄積型の肥満の人が大腸がんの術後、肺炎になったり、傷が化膿(かのう)しやすくなったりすることが報告されている。人工関節を入れる手術の後、関節に炎症が起きやすくなることも分かった。

 内臓脂肪蓄積型の肥満の人は、脂肪細胞が肥大化して脂肪組織内で炎症を起こし、感染症を悪化させる可能性があるという。

 海外の研究では、がんを引き起こすリスク要因となっていることも指摘されている。

 佐藤学長は「内臓脂肪蓄積型の肥満は認識不足のため放置されていることも多い。正常な免疫機能を維持するためには食事療法と運動療法による肥満の予防と改善が一番」と指摘。「高度の肥満になった人は専門医に相談するといい」と助言している。

 ■肺炎が再び増加、死因3位に

 感染症のリスクで怖いのは、子供や高齢者で重症化の恐れがある肺炎だ。抗菌薬の進歩と公衆衛生の向上により、日本では制圧されたと思われていた。しかし、近年は再び増加傾向にある。平成23年の人口動態統計によると、日本人の死因で肺炎は、がん、心疾患に次ぎ、脳血管疾患を抜いて第3位に浮上。25年も同じ順位だった。

 高齢化の進展により誤嚥(ごえん)性肺炎などが増えていることが主な原因だが、肥満の人の増加も一因とみられている。




posted by 万福ダイエット at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 肥満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

【衝撃グルメ】中毒状態を引き起こして肥満につながる食品ランキングトップ10

【衝撃グルメ】中毒状態を引き起こして肥満につながる食品ランキングトップ10
http://getnews.jp/archives/835815
肥満研究の世界で「デブの一番の原因!」と言われているのが、食事報酬の問題です。加工食品のように刺激が強いものを食べると、脳内麻薬がドバドバと出過ぎてしまい、必要以上に食欲が高まってしまうって説であります。

・食物依存テストで調査
で、近ごろミシガン大学が行った実験(英文)では、もっとも中毒になりやすい食品をランク付けしておりました。これは、120名の学生を対象に、イエール大学の食物依存テスト(英文PDF)を受けてもらったもので、その結果は以下のとおり。

・中毒になりやすい食品ランキングトップ10
1位 ピザ
2位 チョコレート
3位 ポテトチップス
4位 クッキー
5位 アイスクリーム
6位 フライドポテト
7位 チーズバーガー
8位 炭酸飲料
9位 コーラ
10位 チーズ

・脂肪と精製砂糖の組み合わせがNG
基本的に、高脂肪で血糖値を上げやすい食品がならんでますね。脂肪と精製砂糖の組み合わせがもっとも脳を刺激しやすいってのは昔から言われてきたことでして、その正しさがあらためて確認された感じ。

・加工食品の誘惑に弱い人
また、同時にBMIの数値が高い人ほど加工食品の誘惑に弱いって傾向も出てまして、さもありなんといったところです。同研究では、逆に中毒状態になりにくい食品のトップ10も挙げられております。

・中毒になりにくい食品ランキングトップ10
1位 イチゴ
2位 トウモロコシ(塩とバターは使わない)
3位 サーモン
4位 バナナ
5位 ブロッコリー
6位 玄米
7位 リンゴ
8位 豆類
9位 ニンジン
10位 キュウリ

・糖質の多さはあんまり関係ない
やはり水分と食物繊維が多めで、塩分と脂肪が少ないものが多いですね。一方では糖質の多さはあんまり関係ない感じ。
・ドラッグと同じレベル?
研究者いわく「特定の食品が持つ強い中毒性は、栄養のガイドラインに大きな影響をあたえるだろう。(中略)たんに特定の食品をガマンすればいいという話ではない。たばこ、アルコール、ドラッグと同じレベルの対策が必要かもしれない」とのこと。

そんなわけで、やっぱり加工食品はできるだけ避けるのが吉。いったんハマると抜けだすのは大変そうであります。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/02/25/fatness/




posted by 万福ダイエット at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

肥満にならないために 秋田県

肥満にならないために 秋田県
http://www.city.akita.akita.jp/city/hl/pr/eiyou/himan.htm
--------------------------------------------------------------------------------

最終更新日 2010.04.06


--------------------------------------------------------------------------------

肥満はなぜいけないの?

--------------------------------------------------------------------------------

肥満とは

 肥満とは、食事からの摂取エネルギーに対して、運動不足などによる消費エネルギーが少ないことにより、体に必要以上の脂肪細胞がたまった状態のことです。特に内臓脂肪の蓄積は、動脈硬化の大きな要因となり、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病を引きおこしやすいといわれています。

肥満が招く病気にはどんなものがあるの?

☆脂質異常症(高脂血症)

 血液中に含まれるLDL(悪玉コレステロール)が血液1デシリットル当たり140mg以上、HDL(善玉コレステロール)が40mg未満、
トリグリセライド(中性脂肪)が150mg以上のいずれかに該当したときのことをいう。これらの状態により、血液がドロドロになり、血管の壁に脂肪が沈着して動脈硬化を招き、心臓病や脳卒中など重大な病気へとつながります。

☆糖尿病・耐糖能異常

 糖尿病は、膵臓でつくられるインスリンというホルモンの分泌や働きが悪くなって、血液中のブドウ糖の量(血糖値)が過剰になる病気です。また、糖尿病の一歩手前の状態を耐糖能異常といいます。血糖値の高い状態が続くと、全身の血管や神経がおかされて、さまざまな合併症を引きおこします。

☆高血圧症

 心臓から全身に向かって送り出された血液が、血管を流れるときに血管の内壁にかける圧力のことを血圧といいます。血圧が高い状態が続くと、血管がもろくなったり、動脈硬化の進行が早まり、脳卒中や虚血性心疾患、腎硬化症発症のリスクを高めます。また、全身に血液を送り出すポンプの作用がしだいに弱くなるため、心不全を引きおこしやすくなります。

☆循環器病

 動脈は全身に酸素と栄養を行きわたらせるための血管です。動脈の壁の弾力性がなくなったり、もろくなったりして、血管の内腔が狭くなった状態が動脈硬化です。動脈硬化が進行することによって起こる病気を循環器病といい、発症すると生命にかかわる場合が多く、後遺症の心配もあります。
(脳梗塞、脳出血、大動脈瘤、狭心症、心筋梗塞、腎硬化症 など)

☆脂肪肝

 肝臓の細胞に中性脂肪が過剰にたまる病気です。自覚症状はありませんが、放っておくと肝硬変に移行することもあります。

☆痛風

 足の親指の付け根などに痛みが起こる病気です。血液中の尿酸が増える高尿酸血症が進行することによって発症します。初期には年に数回の発作がある程度ですが、進行すると発作の間隔が短くなり、さらに尿路結石、腎臓障害、尿毒症などの合併症が引きおこされます。
 

様々な生活習慣病を引き起こさないように、肥満傾向の人は病気になる前に食事と運動で無理なく肥満を解消しましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

肥満チェックをしてみよう


--------------------------------------------------------------------------------

☆あなたの肥満度は?(BMI=Body Mass Index:体格指数)
  
 BMI=体重(kg)÷【身長(m)×身長(m)】

*BMI値判定(日本肥満学会)

「低体重(やせ)」 18.5未満
「ふつう」 18.5以上25.0未満
「肥満」 25.0以上


☆あなたの適正体重は?
 
 適正体重=身長(m)×身長(m)×22



肥満の2つのタイプ

肥満は、脂肪細胞のつく部位によって2つのタイプに分けられます。

リンゴ型肥満 「内臓脂肪型肥満」 ウエストを中心にした上半身に脂肪がつくタイプで、臓器のまわりに脂肪がたまるので、生活習慣病と結びつきが強い。中高年男性に多い。
洋なし型肥満「皮下脂肪型肥満」 ヒップや太ももなど下半身に脂肪がつくタイプで、皮下脂肪は厚いが、内臓にはあまり脂肪がつかない。女性に多い。

*女性には「皮下脂肪型肥満」が多いのですが、女性も閉経後は内臓に脂肪がたまりやすくなるため、注意が必要です。

☆内臓脂肪をチェックしてみよう

 次の@〜Bに当てはまる場合は、「内臓脂肪型肥満」の可能性があります。

@ウエスト周囲径をはかってみる
 立ったままでへその位置ではかったとき、男性なら85cm以上、女性なら90cm以上ある場合。
Aおなかの脂肪をつまんでみる
 おなかが出ているのにつまみにくい場合。しっかりつまめる場合は皮下脂肪。
Bウエスト(W)/ヒップ(H)比を出す
 ウエストのサイズ(cm) ÷ ヒップのサイズ(cm) が、男性で0.9以上、女性で0.8以上になる場合


--------------------------------------------------------------------------------

メタボリックシンドロームってなに?


--------------------------------------------------------------------------------

 メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪による肥満の人が、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の危険因子をあわせ持っている状態のことをいいます。
 健康診断などで「血糖値がやや高め」「血圧がやや高め」と言われたことがありませんか?「ちょっと高いくらいなら大丈夫」と思いがちですが、もしも太り気味なら要注意です。内臓脂肪型肥満に、「やや高め」が複数重なることで互いに影響しあい、「動脈硬化」を飛躍的に進行させてしまいます。

☆あなたはメタボリックシンドローム?

START

肥満チェック 腹囲(おへその高さ)が
男性なら85cm以上、
女性なら90cm以上ある。



 次のうち、2つ以上当てはまる項目がある。 

☆血清脂質をチェック 中性脂肪150mg/dl以上
かつ/または
HDLコレステロール値40mg/dl未満
☆血圧をチェック 収縮期(最大)血圧130mmHg以上
かつ/または
拡張期(最小)血圧85mmHg以上
☆血糖をチェック 空腹時血糖値110mg/dl以上




   あなたはメタボリックシンドロームです!

*動脈硬化への進行を防ぐため、すぐに生活習慣を見直し、できることから改善に取り組みましょう。



--------------------------------------------------------------------------------

 肥満を防ぐポイントは?

--------------------------------------------------------------------------------

・1日3食、規則正しく食べましょう。
 朝食、昼食はしっかり食べ、夕食は軽めにしましょう。

・間食を控えましょう。
 特に、夕食後や寝る前は食べないようにしましょう。

・ゆっくりと、よくかんで食べましょう。
 満腹感が得られやすくなって、食べ過ぎを防ぎます。

・こまめに体を動かしましょう。
 できれば、1日30分の運動を習慣にしましょう。

・ストレスを上手に発散しましょう。
 ストレスは、やけ食い・やけ酒の素にもなります。

・毎日、体重をチェックしましょう。
 増えた体重は、すぐに戻す努力をしましょう。



 長年続いた生活習慣を変えることは本当に難しいことです。生活習慣の改善は、毎日積み重ねることで効果があらわれるもので、長期間継続することが必要です。
 なぜ太ったのかよく考えてみましょう。そして無理をせず、自分に合った方法で、少しずつ改善していきましょう。



*肥満についてご心配のある方はお気軽にご相談ください。


--------------------------------------------------------------------------------
連絡先
秋田市保健所 保健予防課 栄養指導担当 
010-0976 秋田市八橋南一丁目8番3号
TEL 018-883-1175  FAX 018-883-1173 
E-mail: ro-hlpr@city.akita.akita.jp
http://www.city.akita.akita.jp/city/hl/pr/eiyou/himan.htm


・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワークについて 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の本棚 切明義孝のプロフィール 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の健康危機管理グッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の食の安全ニュース 切明義孝のメンタルヘルス情報 切明義孝のホームページ 切明義孝のたばこ文書管理保管センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 たばこ文書保管管理センター Tobacco Documents Archives 切明義孝について
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・


posted by 万福ダイエット at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

食生活の意外な落とし穴 多賀城市

食生活の意外な落とし穴 多賀城市
http://www.city.tagajo.miyagi.jp/sisei/keikaku/splan/si-ke-sp-tuusin21.html

ふつうに食べているつもりが、実は食べすぎていたり、健康に良いと思っていたことが思い違いだったり・・。

太る原因、やせない原因には意外な落とし穴があります。

あなたの食生活をチェック!

カロリーをとりたくないのでご飯よりパン類を食べている
水がわりにスポーツドリンクを飲んでいる
1日に砂糖入りの缶コーヒーを何本も飲んでいる
野菜のかわりに野菜ジュースを飲んでいる
健康のために、ご飯を減らしておかずをたくさん食べている
ちょっとつまむ程度のカロリーは気にしていない
ビタミン補給に果汁100%ジュースをよく飲む
どうでしたか?実はこれ、みんなメタボリックシンドロームの原因になりうる食習慣です。

注意しよう!

調理パン、菓子パンは、腹持ちが良くないわりに高カロリー
おかずを食べすぎている場合は、適量を確認しよう
健康指向の強い人は、糖分や脂肪をとりすぎている可能性も
飲み物のカロリーに気付いてますか?お茶や水がベスト
 
問/健康課親子保健係  内線136
多賀城市役所  022-368-1141
保健福祉部健康課  内線135・136


http://www.city.tagajo.miyagi.jp/sisei/keikaku/splan/si-ke-sp-tuusin21.html


・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝のたばこ文書管理保管センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 たばこ文書保管管理センター Tobacco Documents Archives
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・





posted by 万福ダイエット at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。