2015年10月29日

ソーセージ、ベーコンにたばこやアスベスト同様の発がんリスク=WHO専門機関

ソーセージ、ベーコンにたばこやアスベスト同様の発がんリスク=WHO専門機関
http://www.newsweekjapan.jp/stories/technology/2015/10/post-4037_1.php

ホットドッグ1本食べるごとに大腸がんの発症リスクが18%上昇
2015年10月28日(水)07時47分
 世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は26日、ホットドッグ、ソーセージ、ベーコンなどの加工肉が大腸がんのリスクを高めるほか、赤身肉も同様のリスクがあるとのリポートを発表した。

 赤身肉の消費と膵臓および前立腺がんには因果関係があるとも指摘した。

 IARCは、加工肉は「人体にとって発がん性をもつ」とし、たばこやアスベスト同様、がんとの因果関係を示す「十分な根拠が」認められる「グループ1」に分類した。

 リポートによると、毎日摂取する場合、50グラムの加工肉(ホットドッグ1本、ベーコンスライス2枚に相当)を食べるごとに、大腸がんの発症リスクが18%上昇する。

 赤身肉は「恐らく発がん性がある」とされる「グループ2A」に分類。具体的には、牛肉、ラム肉、豚肉など哺乳類の肉には発がん性を示す「限定的な根拠」がみられると指摘した。ほかには除草剤成分の1つであるグリホサートなどが同じグループに分類されている。

 ただ、IARCは同じグループに分類された物質ごとの発がんリスクの高さを比較していないため、肉を食べることが喫煙と同様に危険だと指摘されたわけではない。

 リポートは、22人の専門家が今月、800の研究結果を分析したもの。

 IARCのカート・ストレイフ博士は声明で「個人においては加工肉の消費による発がんリスクは依然低い。しかし、肉の消費量に比例してリスクは上昇する」と述べた。

 オックスフォード大学のティム・キー教授は、医療界では長らく、赤身や加工肉と直腸・結腸ガンの間に因果関係がある可能性が指摘されてきたとし、文書で「ときどきベーコンサンドイッチを食べても大きな害はない。健康な食事は程度の問題だ」と述べた。

 リポートを受け、動物の権利擁護団体が菜食ダイエットのスターターキットを無料で配る一方、精肉業界からは肉は必要なたんぱく質やビタミン、ミネラルを提供しており、「リポートは常識を欠いている」などの批判が出ている。

 一部科学者や研究者はIARCリポートについて、健康のためにはこれらの肉類の消費を制限すべきとの長年の助言に、大きく付け加えられたものは何もないとの見方を示している。

[パリ/シカゴ 26日 ロイター]



posted by 万福ダイエット at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 万福ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

加工肉に発がん性あるとWHO

加工肉に発がん性あるとWHO
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-34645057

2015年10月27日


世界保健機関(WHO)は26日、ベーコンやソーセージ、ハムなどの加工肉は発がん性があるという分類を発表した。




専門機関・国際がん研究機関(IARC)の報告は、加工肉を毎日食べた場合、50グラム(ベーコン2切れ以下)ごとに大腸がんにかかる確率が18%上昇するとしている。赤肉も「恐らく発がん性がある」が、限られた証拠しか得られていないという。

WHOは一方で、肉の摂取には健康上のメリットもあると認めている。




英国のがん研究機関「Cancer Research UK」はWHO報告について、赤肉や加工肉の摂取を一切止やめるのではなく量を減らせば十分で、ベーコン・サンドイッチをたまに食べるくらいはかまわないとしている。


line
加工肉とは?

加工肉は賞味期限を延ばしたり味を変えるために加工されたもので、加工の主な手段は燻製(くんせい)、塩漬け、塩や保存料の追加などだ。

牛肉をひき肉にするだけでは「加工」したことにはならない。

加工肉にはベーコン、ソーセージ、ホットドッグ、サラミ、コーンビーフ、ビーフジャーキー、ハム、肉の缶詰、肉ベースのソースなどが含まれる。

報告によると、発がん性のリスクがあるのは、肉の加工に使われる化学物質だ。バーベキューなど高温度による調理も、発がん性物質を作り出すことがある。

英国では100人に約6人が一度は大腸がんにかかる。全員が終生、1日50グラム分のベーコンを追加摂取し続けた場合、大腸がんにかかる確率は18%上昇し、つまり発症リスクが100人中7人に上がるという。

リスク研究を専門とする英ケンブリッジ大学のサー・デイビッド・スピールゲルハルターは「つまり一生ずっとベーコンを食べ続ける100人の中で、大腸がんにかかる人が1人増えるわけだ」と説明する。

どれほどひどいのか

WHOの結論は、科学的知見を精査したIARCの諮問に基づくもので、がんの原因になるという意味で加工肉はアルコール、そしてプルトニウムと同類項に入れられたことになる。

ただし、加工肉がアルコールやプルトニウムと同じくらい危険だというわけではないし、ベーコン・サンドイッチの危険性はタバコと同じではない。

WHOのクルト・シュトライフ博士は「個々人が加工肉の摂取で大腸がんにかかるリスクはまだ少ないが、摂取する肉の量によってリスクも上がる」と説明した。

加工肉の過剰摂取が原因のがんによる年間死者数は推定3万4000人という。対して、喫煙由来のがんによる年間死者数は推定100万人。アルコール由来は同様に60万人という。

赤肉には栄養的なメリットもあり、鉄分や亜鉛、ビタミンB12の重要な供給源だ。

しかしWHOは、赤肉を毎日100グラム以上食べ続けると発がんリスクが17%上がるという証拠が、限定的ながら得られているという。

WHOは、今回の報告書発表は各国政府がバランスのとれた食生活の指針を国民に示すにあたって、重要なものだと位置付けている。
実害はそうはない?

「Cancer Research UK」のティム・キー・オックスフォード大教授はWHOの分類について「赤肉や加工肉を食べるのを一切止める必要があるというのではないが、たくさん食べる人は減らす方向で考えるといいかもしれない。ベーコンサンドをたまに食べてもたいした害はない。何事もほどほどにというのが、健康な食生活の基本だ」と話す。

またWHO報告にアドバイザーとしてかかわったインペリアル・コレッジ・ロンドンのテレーサ・ノラット博士は、大腸がん発症要因は様々で、「赤肉や加工肉をとる量を減らすべきだが、同時に果物や野菜由来の繊維質が豊富な食生活が必要だ。一生を通じて適切な体重を維持し、アルコール摂取を抑え、活発に運動するのが望ましい」とBBCニュースに話した。

業界団体の肉類諮問パネルは「赤肉を避けてもがん予防にはならない」として、むしろアルコールや喫煙、体重に注意する方が大事だと主張している。


posted by 万福ダイエット at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 万福ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ソーセージなど加工肉に発がん性」 WHO専門組織

「ソーセージなど加工肉に発がん性」 WHO専門組織
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2621308.html

 WHO(世界保健機関)の専門組織・国際がん研究機関は26日、ソーセージやベーコンなどの加工肉に発がん性があると発表しました。

 国際がん研究機関によりますと、ソーセージやベーコンなどの加工肉を毎日50グラム消費すると、大腸がんになるリスクが18%増加するとしています。肉が加工される段階で発がん性物質が生成されるのではないかとみられています。

 また、この研究機関は、牛や豚などの赤身の肉についても発がんの可能性があるとしています。

 日本人の肉の摂取量は、欧米に比べると少ないとはいえ、加工肉の摂取量が多いほど発がんのリスクは高まるということで、研究機関は過剰摂取に注意するよう警鐘を鳴らしています。(27日07:47)


posted by 万福ダイエット at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 万福ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

今日は食べた?今更聞けない「朝食を抜いてはいけない」3つの理由

今日は食べた?今更聞けない「朝食を抜いてはいけない」3つの理由
http://news.ameba.jp/20150811-84/

2015年08月11日 07時00分
みなさんは、毎日朝食をとっていますか? 朝は身支度や子どもの世話、もしかしたら旦那さんのお弁当作りなど、とにかく大忙しですよね。

もうちょっと寝ていたい、あるいは朝から食欲がわかない、といった理由で、朝食をついつい抜いてしまう人もいるのではないでしょうか。

「朝食を抜くのは良くない」と言われているのは、ご存知だと思います。しかし、その理由をきちんと理解して説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか?

そこで今回は海外の女性向け情報サイト『AMERIKANKI』の記事を参考に、“今更聞けない朝食を抜くと良くない理由3つ”を紹介します。



■1:肥満になる

一見すると、朝食を抜くことと体重が増えて肥満になってしまうことは、矛盾しているように感じるかもしれませんが、そうではないのです。

朝食を抜いてしまうと、どうしてもお昼前にお腹が空いてしまい、空腹を満たすために何か食べてしまったり、意識せずにランチに思いっきりカロリーの高いものを食べてしまったりすることがあるのです。

これが、結果的には肥満につながってしまうようで、アメリカ疫学会のレポートによると、朝食を抜く人は、朝食を毎日食べている人に比べて4.5倍も肥満になる確率が高いということです。

これだけでも、朝食を食べたほうが良い理由になりますよね。



■2:集中できない

お腹が空いていると、物事に集中できないのではないでしょうか? そうした意味で、朝食を抜くと、もしかしたら午前中の生産性が低くなってしまうかもしれないのです。

ハーバード大学が行った調査によると、朝食をきちんと摂っている人ほど注意力が高い、としています。

また別の調査では、朝食を食べている人ほど問題解決能力が高く、さらに精神的にも安定しているとされています。



■3:免疫力が下がる

朝食を食べることによって、なんと様々な病気への抵抗力が上がる、つまり免疫力が上がります。

イギリスで実施された調査によると、朝食を抜くことで、風邪やインフルエンザなど、さまざま疾患に対しての抵抗力が弱まるというのです。

さらに、朝食にいっぱいのフルーツや、野菜をとることで多くのビタミンも摂取できれば、感染症などの予防もできるのです。

毎日の健康のためにも、朝食は抜かないほうがいいのです。



以上、“今更聞けない朝食を抜くと良くない理由3つ”でしたがいかがだったでしょうか。なんとなく、朝食を抜かないほうが良いというのは分かっていても、ここまで影響があると認識できていた人は少ないのではないでしょうか?

まだ暑い季節が続きますが、暑い夏を元気に乗り切るためにも朝食は食べたほうが良さそうですね。しっかり食べて、暑い夏を乗り切りましょう!



posted by 万福ダイエット at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 万福ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

一番長生きする体型は、ちょいデブ

一番長生きする体型は、ちょいデブ
http://getnews.jp/archives/928719
飽食の時代ゆえなのか、右を向いても左を向いてもダイエットに余念がない人たちばかり。たしかに太っているよりスマートな方が見栄えがいいし、何より生活習慣病などのリスクを考えると、肥満は解消するに越したことはないだろう。

ただでさえ、運動不足になりがちな昨今。健康に長生きするためにも、いまからしっかりダイエットに取り組むべきなのかも…。

「太りすぎな人が早死にしやすいのは事実ですが、だからといってむやみにダイエットをするのは逆効果かもしれません。痩せすぎな人もまた、早死にする傾向があるというデータが存在していますから。統計的に見れば、最も長生きできるのは“ちょいデブ”な人ですよ」

そう語るのは、医学博士の浦島充佳先生である。浦島先生によれば、過剰なダイエットによって痩せすぎると、免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなるリスクがあるという。

「19〜84歳の男女約146万人のBMI値と死亡率をまとめたデータによると、女性はBMI23〜24、男性はBMI25〜26が最も死亡率が低いことが明らかになっています。BMIの標準値は18.5以上、25.0未満とされていますから、これに照らし合わせると男女とも標準のやや上、つまり“ちょいデブ”が長生きするといえるわけです」

BMIとは「体重(kg)÷身長(m)の2乗」で算出される、肥満度をはかる体格指数のこと。ただし、同じ体重であっても筋肉質な人もいればそうでない人もいる。「デブだけど、BMI値からすれば安心」などと考えるのは早計だ。

「“ちょいデブ”がいいといっても、あくまで血圧や血糖値、コレステロール値などに問題がないことが大前提。さらに目安としては、腹囲がヒップより細いことが条件ですね。とくにヒップはなかなか測定する機会がないと思いますから、気になる人はぜひメジャーで測り、腹囲と比較してみてください」

そうした条件さえクリアしていれば、あまり躍起になって痩せようと頑張る必要はないのかも!?
(友清 哲)
(R25編集部)

一番長生きする体型は、ちょいデブはコチラ

posted by 万福ダイエット at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 万福ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。