2015年10月27日

「ソーセージなど加工肉に発がん性」 WHO専門組織

「ソーセージなど加工肉に発がん性」 WHO専門組織
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2621308.html

 WHO(世界保健機関)の専門組織・国際がん研究機関は26日、ソーセージやベーコンなどの加工肉に発がん性があると発表しました。

 国際がん研究機関によりますと、ソーセージやベーコンなどの加工肉を毎日50グラム消費すると、大腸がんになるリスクが18%増加するとしています。肉が加工される段階で発がん性物質が生成されるのではないかとみられています。

 また、この研究機関は、牛や豚などの赤身の肉についても発がんの可能性があるとしています。

 日本人の肉の摂取量は、欧米に比べると少ないとはいえ、加工肉の摂取量が多いほど発がんのリスクは高まるということで、研究機関は過剰摂取に注意するよう警鐘を鳴らしています。(27日07:47)


posted by 万福ダイエット at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 万福ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。