2015年04月10日

プルーンに大腸がんや骨粗鬆症の予防や喫煙者の疾病リスクを抑制する可能性

プルーンに大腸がんや骨粗鬆症の予防や喫煙者の疾病リスクを抑制する可能性

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150406-00000009-mycomj-life

マイナビニュース 4月6日(月)10時7分配信

カリフォルニア プルーン協会はこのほど、米国マサチューセッツ州ボストンで開催された2015年Experimental Biology(実験生物学会)の会合で、ドライ・プルーンの摂食による健康効果を示唆する証拠が示されたことを発表した。閉経後女性の骨の健康の維持から喫煙者の炎症抑制効果まで、さまざまな効能の可能性が示唆されているという。

○喫煙者の疾病リスクの抑制に役立つ可能性

会合では、プルーンを日常的に摂取すれば、食物繊維や抗酸化剤として機能する多くの重要なビタミン、ミネラル類、フェノール類の摂取量が増加。喫煙者と非喫煙者の双方において抗酸化能の向上に効果があり、喫煙者については喫煙に関連する酸化ストレスに対し、ある程度の保護効果を与える可能性があることが示された。

サンディエゴ州立大学の研究者の調査によると、喫煙者に関する同じ研究で、プルーンの摂取が喫煙に関連する気腫の予防に効果的な役割を果たす可能性があることがわかった。喫煙前のプルーンの摂取と肺組織炎症の兆候の減少とが関連づけられたという。

サンディエゴ州立大学の運動栄養科学学部研究者で教授のマーク・カーン博士は、「プルーンには健康を促進する酸化防止活性のあるネオクロロゲン酸などの植物性化合物が含まれているため、より栄養価の低いものの代わりにプルーンを軽食として選べば、禁煙に苦労している喫煙者の疾病リスクの低下に効果があるかもしれない」と述べた。

その他の研究結果として、プルーンは消化管内の善玉菌の保持を促進し、結腸がんリスクを低下させること、閉経後女性の骨喪失の抑制、予防に役立つことも示唆された。


posted by 万福ダイエット at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。