2015年03月07日

インフルエンザ予防で注目されるビタミンDのすごい実力

インフルエンザ予防で注目されるビタミンDのすごい実力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000002-mocosuku-hlth
Mocosuku Woman 3月6日(金)9時0分配信
ワクチン対策など、ある種のインフルエンザ予防が懸念されてきています。日ごろから身体の中から免疫を高め、健康的にウイルスを避けることができれば、一番うれしいですよね。
そこで今回は、ビタミンDをご紹介します。ビタミンA、B、Cに比べると、ちょっとなじみの薄い存在ですが、インフルエンザ予防に意外と心強いのがビタミンD。
これは脂溶性ビタミンのひとつで、食物からとるだけでなく、日光を浴びると体内でも作れます。ビタミンDが不足すると、カルシウムの吸収が不十分になるので、骨粗しょう症を引き起こす可能性もあります。

インフルエンザ予防で注目されるビタミンDのすごい実力


◆ビタミンDをとれる食品!
植物性食品からとれるのはビタミンD2で、きのこ類に多く含まれます。椎茸は生より干ししいたけのほうがビタミンDは多くなり、日光に当てればさらにビタミンDが増えます。
動物性のビタミンD3は、サケやサンマ、マグロなどの脂肪が多い魚介類に豊富に含まれています。普段から食べやすいものとしては、卵黄があります。


◆日光浴で、ビタミンDを作る!
ビタミンDは、日に当たれば体内でも作られます。女性は紫外線の問題などから、長時間の日光浴はダメだと思うかもしれませんが、間接光を30分浴びれば1日に必要な摂取量が得られるそうです。
「手のひらを太陽に」という歌のように、手の甲より日焼けしにくい手のひらを太陽にかざしてみるのもいいでしょう。


◆インフルエンザを防ぐ食べ物って?
インフルエンザ予防には、高たんぱくな食品やビタミン、ミネラルが豊富な食品を食べましょう。バランスのよい食事で、インフルエンザに少しでもかかりにくい体作りを目指しましょう。
免疫力を高めるためには、発酵食品のヨーグルトや、フコイダンを豊富に含む海藻類もお勧めです。納豆や山芋などねばねば系の食品に含まれるムチンも、感染症にかかにくい体作りをサポートしてくれます。


◆インフルエンザに強いお茶があった!
高知には、国内では珍しい碁石茶という発酵茶があります。
栽培農家が減って絶滅の瀬戸際になったときに、免疫力アップやインフルエンザの予防、ウイルスの増殖を抑えるなどの効果が発見され、再注目されています。ダイエット、便秘、花粉症の軽減などにも効果があるとのこと。ちょっと酸味がある独特の味ですが、蜂蜜を入れたり、冷やしたり、焼酎で割ったり、お好みで楽しめる点が魅力です。





posted by 万福ダイエット at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 風邪と食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。